ムシェロヴィチの新作(その2)

a0063469_23105495.jpgMałgorzata Musierowicz zaprasza na "Czarną polewkę" (Małgorzata Musierowicz(マウゴジャータ・ムシェロヴィチ)の新作「Czarna polewka(黒いスープ)」)

*訳注: タイトルの「黒いスープ」について補足します。ポーランドでは、男性が女性にお付き合いを申し出た際、女性の家族から、お付き合いを断る意味で黒い色をしたスープが出されることになっているそうです。

----------------------------
17. tom z cyklu Jeżycjady Małgorzaty Musierowicz pojawił się w księgarniach.

Małgorzata Musierowicz(マウゴジャータ・ムシェロヴィチ)によるイェジツィアーダ(Jeżycjada)シリーズの17巻目が本屋に登場した。



"Od pierwszego ich pocałunku minęły już dwa miesiące" - tak zaczyna się kolejny tom Jeżycjady Małgorzaty Musierowicz. Czyj to był pocałunek? Kto planuje potajemny ślub? Komu zostanie podana tytułowa czarna polewka? Wszystkie odpowiedzi na te pytania, a także wiele zaskakujących historii z życia Waszych ulubionych bohaterów znajdziecie w "Czarnej polewce".

「彼らの初めてのキスからもう2ヶ月が経った」―マウゴジャータ・ムシェロヴィチによるイェジツィアーダの続きの1冊はこのように始まる。このキスは誰のものだったのか?誰がこっそりと結婚式を挙げようとしているのか?タイトルにもある黒いスープは誰に出されるのか?これらの質問に対する答え全て、そして読者のお気に入りの登場人物たちの生活に起こる驚くべき様々な出来事を、この本「Czarna polewka(黒いスープ)」で読むことができる。

Na okładce książki autorka umieściła twarz Ignacego Grzegorza Stryby, nastoletniego syna Gabrysi Borejko, jednej z głównych bohaterek Jeżycjady, być może to o jego pocałunku opowiada w "Czarnej polewce" Małgorzata Musierowicz?

本の表紙に、著者はIgnacy Grzegorz Stryba(イグナツィ・グジェゴシ・ストリバ)の顔を載せている。イェジツィアーダの主要登場人物の一人であるGabrysia Borejko(ガブリシャ・ボレイコ)の十代の息子である。マウゴジャータ・ムシェロヴィチの「Czarna polewka(黒いスープ)」では彼のキスについての物語なのだろうか?
------------------------------------

この本は3年ほど前に出た「Język Trolli(トロラの言葉)」というイェジツィアーダ15冊目の本の続きになっているようです。
実は私はこの「Język Trolli(トロラの言葉)」が初めてポーランド語で読んだイェジツィアーダシリーズなので、この本を是非読んでみたいと思っています。

続きの記事は追って訳を掲載します。
[PR]
by poziomka-bajka | 2006-10-06 23:08 | 児童書
<< ムシェロヴィチの新作(その3) ムシェロヴィチの新作 >>